top of page

入院病棟の男性からのメッセージ

更新日:7月5日

薄暗い病室の静寂を破り、一人の老人がつぶやいた言葉。 「結婚しておけばよかった」。 その言葉には、深い後悔と、人生の教訓が込められていました。

入院病棟には、様々な境遇の方がいます。 家族や友人に囲まれ、笑顔で過ごす人もいれば、ひっそりと一人佇む人もいます。 老人は、そんな人々を静かに見守っていました。

ある日、老人の目に飛び込んできたのは、家族に囲まれて幸せそうに過ごす患者たちの姿でした。 その光景に、老人の胸にはふと寂しさが込み上げます。 若い頃は仕事に夢中になり、結婚を先延ばしにしているうちに、いつの間にか適齢期を過ぎてしまったのです。

そして今、老人は病床で孤独と後悔に苛まれています。 もし自分が結婚していたら、今この病室で一人きりで過ごすことはなかったかもしれない。 そう思うと、老人の心は痛みでいっぱいになりました。

しかし、老人はすぐに気持ちを切り替えました。 後悔しても過去は変えられません。 大切なのは、今この瞬間を精一杯生きることです。 老人は、残された時間を大切に、周りの患者たちと交流したり、読書を楽しんだりしました。 そして、自分の人生を振り返り、様々なことを学びました。




閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page